自分らしさの選択

目安時間:約 5分

”自分の周りで起こる問題はいつも自分の中にある”という【インサイド・アウト】の見方に切り替えるこにしたら、次は自分自身の行動について見つめてみましょう。(^^)

 

私もこれまで会社や日常生活を送る中で発生する問題に対し、

  • 仕事のミス、うまく行かなかった理由。なんでも他人のせい。
  • 自分の性格や行動まで、育ちや家庭環境、過去の体験などに責任転換する。
  • 「今から飲みに行こう」と誘われたら、命令だからと仕方なくついていく。
  • 本当は怒っているのに、平気なフリをする

 

なーんてさ、言われるままに振る舞ってなんでも受け身で、ただ状況に流されて行動しているだけなんですよぉ~。(^^ゞ

 

で、ふと考えてみると本当の【自分らしさ】はどこに行ったんでしょうね。(・・?

>> 続きを読む

主体的であれ!

目安時間:約 3分

「第一の習慣:主体性を発揮する」では、自己責任の習慣を学びます。

 

私もこれまで会社や日常生活を営むなかで発生する問題に対し、いつの間にか他人の顔色をうかがいながら ”イイ子ちゃん” を演じ続けてきました。

 

でもね、そうすることに疲れてしまうことだってあるんですよ・・・。(-_-;)
いったい、私の本当の「自分らしさ」は、どこに言ったんでしょうね?

 

私たちの行動は、周りの状況ではなく自分自身の決定と選択の結果である。

 

行動を起こすのはあなたの責任。
周りが動くのを待っていたら、あなたは周りから動かされるだけの人間になってしまう。
自ら責任を引き受けて行動を起こすのか、それとも周りから動かされるのか、どちらの道を選ぶかによって、成長や成功の機会も大きく変わるのである。

 

確かに自分の身の上を、他者や周りの状況のせいにするほうがはるかに簡単だ。しかし私たちは、自分の行動に責任がある。
自分の人生をコントロールし、自分のあり方に意識を向け働きかけることで、周りの状況に強い影響を与えられるのである。

ー「完訳:7つの習慣 人格主義の回復」よりー

 

『主体的である』とは、自発的に行動し、その行動の結果の責任を取ること。
【与えられた環境でどう振る舞うかでしか、人間は前に進むことはできない】

 

人に批判されて気分を害すること自体は仕方がないことですが、「なんでも受け身で、ただ状況に流されて行動しているだけ。言われるままに振る舞う」のでは、いつまで経っても自分らしい人生なんか引き寄せることはできないのです!Σ(・∀・;)

 

会社や日常生活を営むなかで発生する問題に対し、他人や環境に流されることをやめ、どのような状況に置かれても自分で対応を選択すること、その自分の行動や態度、結果に対して責任を取ることを学んでいきましょう。

 

 

カテゴリー
最近の投稿
仲良くしてね~。(・∀・)♪


人気ブログランキング

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら (^O^)

7つの習慣

自己啓発本の金字塔

通常版:
(著)スティーブン・R・コヴィー
完訳 7つの習慣 人格主義の回復

『7つの習慣』 (まんがでわかるシリーズ)
自分らしさを取り戻すために必要なことを、思いっきり学びましょう。(^^♪

パラダイムと原則・第1・第2の習慣

コメント
RSSを購読

follow us in feedly

ページの先頭へ