自分らしさを取り戻そう!

目安時間:約 9分

自分らしさとはいったいなんなのでしょうか?

 

周りの人に合わせなくっちゃと、言いたいことも言わずに「◯◯さんのマネをする」
そうすることで、一時的に「なんか変わったね」と認められるかもしれないけど、長続きはしないんですよね・・・。(;´д`)トホホ…

 

「自分を変えたい!」「今の望ましくない状態から脱したい!」と望んだとき、
自分の気持ちを抑えたり隠したりすることで、いつしか自分の持つ魅力の部分をも隠してしまい「自分が何を求めているのか?」といった自分の気持ちが自分でわからなくなってしまったりするんです。

 

では、本当の意味での自分らしさを出すにはいったいどうすればいいのでしょうか?
それらのポイントやコツを、紹介していきたいと思いまーす。(^▽^)/

 

>> 続きを読む

だって、決められないんだもん…。

目安時間:約 1分

あなたは人に意見を求められた時、即断即決できますか?
私は・・・。ある意味優柔不断なのかもぉ~。(;´д`)トホホ…

 

■食事のメニューなど、日常的なことで二者択一であっても、なかなか決められない。

 

■意を決して「今回は決めた」と思たとしても「でも、やっぱり」という気持ちが心の中に渦巻き、ふたたび迷い始めてしまう。

 

■グループ行動などでリーダーシップを取りたがらなかったり、誰かが発言するのを待って「みんなの意見に合わせる」

 

■友達から「次はどこに行きたい」と聞かれたら、まずは「どこでもいいよ」と答えるのが定番。

 

でもさ『不安だけど行動できる』そんな自分に変える方法ってあるのかなぁ?

 

主体性を発揮するとは?

目安時間:約 1分

■いつも人の意見に流されて、自分で何も決められない。
■何かを引き受けても、何からやれば良いか分からない。
こんなふうに悩んでしまう私なんですが・・・。

 

コヴィー博士は『人は本来、周囲に何が起ころうと、自分自身で判断し言動を選択できる能力を持っている』
特別な人、特別なトレーニングを受けた人だけが持っている能力ではなく、すべての人が元来持っている能力、それが「主体性を発揮する力だ」と言ってます。

 

ではその「主体性を発揮する」とは一体どういうことなんでしょう?

 

何でも、人のせいにするのは…

目安時間:約 2分

問題の見方を変える意識を持てた所で、次は【第1の習慣:自分らしさ】を振り返ってみましょう。

 

職場や日常生活の中で発生する問題に対し、いかに行動の選択肢を発見し、どういった行動を選択するのかを考えてみてー。(^^)

 

 

あっ、そうだ! 何かトラブルが起こったり不都合な状況になると、

いつも「誰かのせい、責任のがれをしてしまう人」って、あなたの周りでも見かけませんか?

 

【人のせいにする人】の心理を分析すると、2通りのタイプがあるんだって。φ(..)メモ

 

  • 自分の非を認めたら “負け” だと考えるタイプ

「認められたい」「尊敬されたい」という欲求が人一倍強く、バカにされたり低く評価されることを異常なまでに恐れる傾向があります。
そのため、問題が起こると自分が正しいことを示すために、攻撃的に人を非難するという態度になる。

 

  • 自分を責め過ぎてしまうタイプ

「自己嫌悪や罪悪感」を抱えて生きていて、これ以上自分を責めたくないと願っています。
そのため、誰かに守ってもらいたいという欲求が強く、強い人や権威のある人の陰に隠れ、重要な役割や責任から逃げまわる生き方となる。

 

マッ、どっちにしても『誰かの言いなりに行動して、失敗を誰かのせいにするばかりでは自分が成長できなくなる』んだけどね。(私は、その時の感情によって両方ともある気がする・・・。(^^ゞ苦笑)

 

 

さてさて、あなたは問題が起こったときに取る行動は、
その感情に任せて行動にするのか、大人の振る舞いに徹するのか、 どちらでしょーうか。(・・?

 

カテゴリー
最近の投稿
仲良くしてね~。(・∀・)♪


人気ブログランキング

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら (^O^)

自己啓発

自己啓発本の金字塔

通常版:
(著)スティーブン・R・コヴィー

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

『7つの習慣』が初のマンガ化!!
通常版は500ページ近くある大作ですので、本を読むのが苦手・・・と言う方は、マンガ版からトライしてみて。(・∀・)

まんがでわかる 7つの習慣

コメント
RSSを購読

follow us in feedly

ページの先頭へ