目的を持って自分を導く

目安時間:約 3分
Sponsored Link

 

50代となった今『自分の夢・目的はなんですか?』と質問された時、なんと答えるんだろう・・・。(・・;

 

毎朝同じ時間に目を覚まし、給料というニンジンを鼻っ面にぶら下げられ、それを求めて『生きていくためにお金を稼がないといけない』と、いつもと同じ仕事をこなす。

 

かといって、それを捨ててまでやりたいことがあるのか考えてみると・・・。
若い頃やりたかったことを選んでも外野がうるさいし、【どうなりたいのか? どうありたいのか? 何をしたいのか?】なんて結局、何をどう決めたら良いのかわからない。 自分には打ち込めるものなんか、何も見つからないんだよなぁぁ・・・。(;´д`)トホホ…

 

努力を積み重ねても、ゴールを意識していなければ、間違った方向に進むだけだ。
『何のために行動するのか』を自覚し、ブレない生き方をするために、自分が大切にする原則(ミッション・ステートメント)を定義しよう。

 

内面に変わることのない中心を持っていなければ、人は変化に耐えられない。
『自分は何者なのか、何を目指しているのか、何を信じているのか』を明確に意識し、それが変わらざるものとして内面にあってこそ、どんな変化にも耐えられるものである。

ー「完訳:7つの習慣 人格主義の回復」よりー

 

「みんながやっているから。 流行っているから」と ” 私もこれやってみ~よ~♪ ” と勢いやノリで決めてしまうと、目標意識がないからいつの間にか忘れてしまったり、面倒くさくなったりして「あー、またダメだった。自分はいつも目標を達成できない」となってしまうんだって。Σ(・∀・;)

 

じゃーどうするのか?

 

コヴィー博士は【目的を持って始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法の1つは、ミッション・ステートメントを書くことである】とおっしゃってます。

 

そのためにも「自分が何を大切にし、どういったことを達成したいのか」それを考え抜きハッキリさせてから行動するという習慣を身につけていきましょう~。(^o^)v

 

セルフ・スタディ・ブック  with DVD VOL.3
第二の習慣 目的を持って始める

コンテンツ一覧へ

 

 

Sponsored Link

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
仲良くしてね~。(・∀・)♪


人気ブログランキング

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら (^O^)

7つの習慣

自己啓発本の金字塔

通常版:
(著)スティーブン・R・コヴィー
完訳 7つの習慣 人格主義の回復

『7つの習慣』 (まんがでわかるシリーズ)
自分らしさを取り戻すために必要なことを、思いっきり学びましょう。(^^♪

パラダイムと原則・第1・第2の習慣

コメント
RSSを購読

follow us in feedly

ページの先頭へ