勘違いだらけの「Win-Win」

目安時間:約 3分
Sponsored Link

 

私たちは、子どものときから成績や体力、力の強さで比べられ、社会人になれば今度は出世競争。また結婚して親となれば、我が子へのお受験と見えの張り合い。etc…。

 

隣の人の成功を「おめでとう」と口では言いながら、心のなかでは嫉妬心でイッパイ。
【勝者がいれば、必ず敗者がいる】のは当たり前なんじゃない!

 

「Win-Win」の関係・・・。そりゃWin-Winになれたらいいと思っているけれど、現実的にはムリなんだよ!ヽ(`Д´#)ノ

 

Win-Winの根底には、全員が満足できる方法は十分にあるという考え方がある。
全員が勝者になれると考えるのである。

 

【自分も勝って、相手も勝つ】そういうゴールがあるはずだと信じなければ、最良の果実は手にできない。

 

とはいえWin-Winとは、うまいしくみやアイディアによってもたらされるものでもない。
人として相手と向き合い、認めあうことで生まれる信頼関係。そこから全ては始まるのだ。

ー「完訳:7つの習慣 人格主義の回復」よりー

 

「win-win」とは、誰かとやりとりをするときに、お互いの利益になる結果を見つけようとする考え方と姿勢のこと。
だけど、その意味を勘違いしている人は多い。 例えば

 

  • Win-Lose(自分が勝って、相手は負ける)
    「部下のため」と自分のやり方を押し通す上司。
    これは単に自分の価値観を押し付けているだけで、部下にとっては決してWinではない。

 

  • Lose-Win(自分っが負けて、相手が勝つ)
    「自分が我慢すれば、全てがうまくいく」と信じ込み、常に相手に譲ってしまう。 これでは本人が辛い思いをするだけ。

 

「win-win」の関係を築くには、どちらかが上に立とうとし、相手に横柄な態度や自分の利益を主張するばかりでもなく、対等な関係というのが前提で、自分の考えや思いを相手に伝える勇気と、相手のことを尊重する思いやりの心が必要です。

 

この「第四の習慣 Win-Winを考える」で、本当の意味での人間関係を築くための考え方と方法を、自分に問い直してみましょう。

 

コンテンツ一覧へ

 

 

Sponsored Link

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
仲良くしてね~。(・∀・)♪


人気ブログランキング

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら (^O^)

7つの習慣

自己啓発本の金字塔

通常版:
(著)スティーブン・R・コヴィー
完訳 7つの習慣 人格主義の回復

『7つの習慣』 (まんがでわかるシリーズ)
自分らしさを取り戻すために必要なことを、思いっきり学びましょう。(^^♪

パラダイムと原則・第1・第2の習慣

コメント
RSSを購読

follow us in feedly

ページの先頭へ