主体的であれ!

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
Sponsored Link

 

コヴィー博士は本の中で「主体性を発揮する力」は、特別な人、特別なトレーニングを受けた人だけが持っている能力ではなく、すべての人が元来持っている能力である。
そして「主体性を発揮する」ことは、このあとのすべての習慣に通じるものであり、ベースとなるものだとも言われてる。

 

主体性っかぁ…。
自分自身の中にあるリーダーシップを発揮しようといわれてもねぇ~。(´ε`;)ウーン…
■いつも人の意見に流されて、自分で何も決められない
■何かを引き受けても、何からやれば良いか分からない
こんなふうに思ってしまうことは、多くの方が感じていることではないでしょうか?

 

っと、このままでは自分を変えることは出来ないので(苦笑)

「主体性を発揮する」ためには、どうすべきなのか具体的に見ていきましょう~。(^o^)

 

まず最初に ”主体的とは?” をググってみると、
私たちは問題が起こったときに、”反応的”になるか”主体的”になるか2つのどちらかの反応をするんだって。そしてその特徴は・・・

 

<反応的な人>⇒いつも自分の外の環境からの影響に支配されてしまう状態。

  • すぐに気分を害する。 人を非難する。 愚痴を言う。
  • 腹を立て、後で後悔するようなことをつい言ってしまう。
  • 何かが起きるのを待っている。
  • ~が~だから私はこうなった、こうしたと行動の原因が他にある。

 

反応的な人の行動は、
「指示されなければ何もしない」「指示されたことだけをする」
「何をやればいいのか?」「どのようにやればいいか?」を1~10まで質問することになるので、相手はウンザリして「ちょっとは自分で考えてくれよ」と怒り出してしまう。

 

 

<主体的な人>⇒外の環境に関係なく自分の内面から外に影響を与えていける状態。

  • すぐに気分を害さない
  • 行動する前に考え、自分で選んだことに責任を持つ。
  • 何かあってもすぐに立ち直り、必ず方法を見つけて事を起こす。
  • 自分に出来ることに目を向けて、出来ないことは気にしない
  • 行動の原因は自分の選択にあると分かっている。

 

主体性のある人の行動は、何をやるかは決まっていない状況でも、自分の頭で考えて判断し行動する。
「こうやりなさい!」「何やってるの駄目でしょ!」などというのではなく、相手が動けないのなら、こちら側からヒントを与えるなどして「考えさせて、自分で動く流れを作ってあげる」
そしてもし失敗したのなら、「それは違う!」ではなく、何が違うのか、それによってどんなマイナスが生まれるのかを指導し、相手が自主的に動ける範囲を広げてあげることをする。

 

 

誰だってこんな人(↑)が自分のそばに居てくれるのなら、いちいちムカつくことなく素直に行動することが出来ますね。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

主体性を引き出す基本は「自分は何が好きで、何をしたいのかを考えること」
また「いま自分がやっている行動は、何のためにやっているか」を常に自分で意識することも効果的なんだそうです。(^^)

 

  • 自分の状況を把握する
    自分が何をしなくてはいけないのか、周囲の人々は自分に何を期待しているのかを把握する。

 

  • 決断する
    指示を待つのではなく、自らやるべきことを見つけて考えを具体化し、効率と効果を考え計画し、責任を持って取り組む。

 

  • 失敗を恐れず行動する
    自分の状況を把握し、やるべきことが見えてきたら「こうする。これをやる」と決断し、あとは行動する。
    たとえ失敗しっぱいしたとしても、それを知恵に変えていきましょう。

 

 

さあ~って「主体的に行動する」ということがわかったからには、
「指示を待つのではなく、自らやるべきことを見つけて積極的に取り組む」
候補を出すだけでもいいのです。自分で考え自分で決めることを放棄しないようにしてくださいね。
そして自分自身の中にある「リーダーシップ」を発揮するようにしていきましょう。(^_-)-☆

コンテンツ一覧へ

 

 

Sponsored Link

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
仲良くしてね~。(・∀・)♪


人気ブログランキング

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら (^O^)

自己啓発

自己啓発本の金字塔

通常版:
(著)スティーブン・R・コヴィー

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

『7つの習慣』が初のマンガ化!!
通常版は500ページ近くある大作ですので、本を読むのが苦手・・・と言う方は、マンガ版からトライしてみて。(・∀・)

まんがでわかる 7つの習慣

コメント
RSSを購読

follow us in feedly

ページの先頭へ